ぞうさんペーパー日記 

株式会社ミチコーポレーション植田紘栄志のBLOG

数年ぶりに再会した松岡宏大さんから直接購入した彼の新刊『ひとりみんぱく』(図書刊行会)のページを成田空港で少しずつめくってみた。

昨日、数年ぶりに再会した松岡宏大さんから直接購入した彼の新刊『ひとりみんぱく』(図書刊行会)のページを成田空港で少しずつめくってみた。
まず本を手にしてすぐ、この本に愛着が湧いてきた。ハードカバーで聖書みたいな布貼で、時空を超えた秘密感が僕好みだ。
まだ少しめくっただけだが、一気に読まない方が良さそうだ。もったいない感じ。僕のアジトがあるスリランカの文物が、いくつかのページで紹介されていて、様々な思い出がフラッシュバックしてくる。
僕が20年以上行き来しているスリランカは、現在は僕が何度も繰り返し訪ねているので、視界に入るものが見慣れて当たり前になってしまっているのか、物や風景や風習や音や視線や味や、様々な面白いものを、現在の僕の感受性は簡単にスルーしてしまいがちになってたようだ。
この本を少しめくっただけで、僕が初めてスリランカを訪ねた時の感覚を思い起こさせてくれる。初訪時の感受性は宝物である。この本のおかげで、一番最初に訪ねた時でしかキャッチできない印象記憶をフラッシュバックで楽しめそうだ。
松岡さんから頂いた、この本の表紙と同じステッカー、メインPCに貼りましたが、かっこいいです。
443714594_10226550180042618_1446438664052221459_n

都会でがんばる芸分卒業生と風呂上がりの写真撮影。

都会でがんばる芸分卒業生と風呂上がりの写真撮影。
東京に就職して毎日がんばっている芸北分校の卒業生のトモキ氏は、息子ヒロヒロの同級生で、大の神楽好き青年です。忙しい日々の中、はやしの音が恋しくて、東京でも神楽を舞えるところを探しては、休みの日などに舞っているそうです。
 将来は芸北に戻ってIT企業を立ち上げ、地元で少しでも多くの雇用を生み出して、過疎に苦しむ故郷の地域発展に貢献したいと、夢に向かって頑張ってます。
他にも数人の芸北分校の卒業生が、地元広島の山里から遠く離れた首都圏で頑張っています。いずれも将来は起業をめざしており、故郷に錦を飾りたいとのこと。芸北出身の若い人たちはみんな故郷思いで純粋な心の持ち主であります。
そして、冒険の先には必ず何か面白いことがあります。
迷わずいけよ 行けばわかるさ ありがとー!
442482493_10226539942626689_247160711402896836_n
442495507_10226539941906671_3794694798815725337_n

朝ごはんもランチもアボガド食べた

朝ごはんもランチもアボガド食べた。コーヒーも既に3杯飲んだ。
今日たぶんあと2杯飲むと思う。
443942029_10226536438579090_5564099516953845670_n
443717306_10226536454179480_219073159038776147_n
444155126_10226536454859497_2816483087629260237_n
445593465_10226536458659592_2525413273173902705_n

東京に到着。

東京に到着。
これからのんびりデスクワークした後、夜に上野に行って会食。たぶんラムチョップをたくさんたくさん食べると思う。
チェリオ
441651406_18428723635060064_1985821468473502581_n

広島空港からおはようございます。これから数日間、東京勤務です。

広島空港からおはようございます。これから数日間、東京勤務です。
東銀座を中心に、ひたすら打ち合わせと会食が続く日々になります。東京といえば、実は息子のヒロヒロが今年から下北沢の駅前にマンションを借りまして、僕の東京主張の際は一緒に遊べる機会が増えると思われ、人生の喜びです。
「オンラインでたいていの仕事は事足りるのに、なんでわざわざ遠方まで行くの?」とよく人から言われます。
確かに時間やコストもかかりますし、実際作業の打ち合わせなどはリモートで十分ですが、クリエイティブな作戦会議や何か面白い企みの面会は、直接会って話す場合とリモート会議では、交換する情報量も感情共有も臨場感も比較にならないほど桁違いな為、リモートだとセレンディピティ的マジックが起きにくいです。ですので僕は出来るだけ会って話をする事を重視してます。とくに僕の場合は広島から会いに行くので、まあまあ遠方からようこそ的な「はるばる感」が滲み出る為か、みんな親切に接してくれて、あまり雑に扱われません。初対面でも食事に誘われるケースも少なくないですし、事前に僕の著書を読んでおいて会ってくれるような方は最高で、そんな場合はたいてい素晴らしい結果になりますし、その後も逆に広島に来てくれたり、お互いに大事な人達を紹介し合ったりして友情が長く続くケースが多いです。
確かにリモートはすごく便利で僕も重宝してますが、僕は移動距離とチャンス量は比例していると思っている為、可能な限りあちこち飛び出していきます。
ちなみに電話もそこそこ重視しています。というか電話大好きです。たまに声を聞きたくて電話しても、慢性的にバタバタしているのか、電話に対してLINEなどで返事がくるだけの人や、たまに電話自体を時間泥棒だと毛嫌いする人もいます。もしくは単純に僕の事を雑に扱ってもよい系だとカテゴライズしている人かもしれません( ; ; )。ただ、数十秒から長くても数分の電話トークの時間をもったいないと思ったり、ストレスに感じるような人を数年見ていて思うのは、退職や転勤、部署の移動などの後、音信不通になるケースが多いです。直接会ったり電話でliveで話す際の五感を軽視していると、対人との友情はなかなか芽生えないだけでなく、少しずつ感受性が削ぎ落ちていって話してもつまらなくなり、そのうちAIと取り替え可能な存在になってしまうのではないでしょうか。僕は50代に入って、あまり多忙すぎる人や電話を毛嫌いするような分単位で細かく生きている人との付き合いは断捨離傾向にあります。なんとなく幸福指数を吸い取られるような気がするからです。それでも日々充実した生活をして輝いている人もいますし、多忙すぎる人でも人間的に魅力ある人や個人的に好きな人とは仲良くしたいですが、短い人生の中で、一緒にエキサイティングな時間を共有する機会はどうしても少なくなります。
チェリオ
445595376_18428690377060064_880830875978585746_n

〜児玉清さんとの思い出〜

〜児玉清さんとの思い出〜
一昨日16日は児玉清さんの命日でした。
だいぶ前の話ですが、2007年に英治出版のご協力で出版した、ぞうさんペーパーで作った絵本『ぼくのウンチはなんになる?』が造本装丁コンクールで賞を頂きました。そしてその授賞式で、児玉清さんから賞状を授与されました。
児玉清さんは、日本で最も本を愛した俳優として有名ですが、僕的にはアタックチャンスのイメージが大きく、それでも直接お会いして話をしたら、やはりとても知的で、しかもすごく包容力が滲み出ていて優しそうで、なんとも言えないダンディな人でした。今思うと養老孟司さんとちょっと雰囲気が似てますね。
 僕らの本のことを、「最初から賞をあげたいと審査員の方々がみんな話していたんだよ。世界初のゾウのウンチで作った絵本というのが面白かったし、内容もよかったよ。」と、ニコニコしながら僕とミチに話してくれました。
授賞式には英治出版の大西さんと岩田さん、ミチコーポレーションのスタッフ、そして僕の家族も一緒に参加しました。この経験から、小さい頃からあまり本を読んでこなかった僕でも出版業界に興味が湧いて、後にぞうさん出版を立ち上げるきっかけになりました。すごくいい思い出です。
児玉さんと
児玉さんとパチリ
IMG_9867

1b1d3aac

朝の4時から福岡の門司港

朝の4時から福岡の門司港で、スリランカから輸入したぞうさんペーパーグッズの通関作業。久しぶりにX線検査も入った。
すごい円安だから何か輸入すると相当な割高になる。やはり外貨を稼ぐビジネスの比重をあげておかないと、世界で自由に展開しにくくなるズラ。日本の田舎を拠点にしながら外貨を稼ぐのがコスパも自然環境も良くてファンキーである。
夕方は山口の著者と新刊の打ち合わせ、そのあと温泉に寄って、広島にI'll be back.
440368964_18427848391060064_2369854712338108923_n
442480229_10226503005823292_7211353708925106977_n
443844295_10226503005583286_6186299094197246985_n

山口の益田先生とLaviniaさんに会いに、オープンハウス社のオフグリッドオフィスへ。

打ち合わせの為に訪問した、山口の益田先生とLaviniaさんに会いに、オープンハウス社のオフグリッドオフィスへ。
たしか先月も訪問しました。一緒に本作りしています。
このオフィスは電気も水もガスも下水も何も繋がってません。暖房は薪ストーブ、最低限の電力はは太陽光から、便所はバイオトイレ、生ごみはミミズに食べてもらう。建物自体もみんなで作ったそうで、夕方暗くなったら仕事を終わらせて家に帰る主義とのことです。面白いデザイン会社。
442483867_10226531754701996_11941250323794447_n
442482882_10226531755102006_7452787210883489574_n
441496854_10226531755582018_1801084884434319699_n

蛇がやってきた。

蛇がやってきた。
https://www.facebook.com/reel/432079632790234

ぞうさんカフェの入り口でお出迎えしてくれるクマさん。

ぞうさんカフェの入り口でお出迎えしてくれるクマさん。
440373296_17948886902795026_403113486266240196_n
441250625_17948886911795026_2770328698586189937_n

妙徳寺の河野先生の奥様と一緒に、いつもの小鳥が来るカフェに行ってきた。

妙徳寺の河野先生の奥様と一緒に、いつもの小鳥が来るカフェに行ってきた。
僕の好きな河野先生が亡くなり、奥さんは広い寺でひとりぼっちになって寂しいらしいけど、最近はだいぶ慣れてきたそうな。
寂しいといえば、東京から移住して13年間家族で暮らした、祖父母から引き継いだ築80年の我が家も、道路拡張の公共事業で今週にも取り壊しになる。
新しい事をするにはちょうどいいタイミングかもしれない。
弁当箱にはたくさんオカズを入れたほうが楽しい遠足になる。人生も同じだ。
440372868_18426580906060064_1976330549919929885_n
440376991_18426580924060064_2146201857337802589_n
441210622_18426580915060064_2126414937343937496_n
441550849_10226472767987365_4801898628706016647_n

これは浜田市の広瀬さんから頂いた『カメノテ』です。

これは浜田市の広瀬さんから頂いた『カメノテ』です。
食べる部分は小さいですが、噛み締めると風味が広がります。その美味しさはカニに匹敵し、さらに歯応えが楽しめます。
ただ、小さいので珍味というかおつまみ的な楽しみ方でしょうか。確かに見た目は亀の手の部分に似てますが、ガンダムに出てくるズゴックというモビルスーツの手にも似てる。
441048008_10226453742191732_1294240118290191701_n
441245156_10226453742071729_4045404968399558734_n

ついに我が家の解体がスタート。

ついに我が家の解体がスタート。
既に家具や窓ガラスも撤去が終わり、瓦も全て廃棄完了。
連休明けには築80年の家が平地になります。曾祖父が建てた家ですが、一旦空き家になったあと、13年前に僕ら家族が内装を補強して住み始めました。思い出いっぱいの家が解体されていく作業過程を見つめていると、心にぽっかり穴が空いたような気分になりますが、どんな家も法隆寺のようにはいかず、いつかは壊して新しい風景に変化します。僕は変化をチャンスにして今に至りますが、今回もそうしたいと思っています。
芸北ぞうさんカフェは、同じ場所で引き続き営業してます。
自宅にあった骨董品がカフェの店内にたくさん並んでます。ゴールデンウィークもずっと営業してますので、ぜひお越しください!
チェリオ
441025730_10226444801968232_9099773537069892738_n
440979301_10226444800128186_2691287752901062399_n
440977446_10226444801248214_8114301960422666364_n
441042383_10226444799848179_2026765563965148241_n
441065168_10226444801088210_5796232941305434077_n
441172827_10226444799968182_2884074682676095343_n

ミックジャガーのようにエキサイティングなジジイになるために、数年前から続けている事を紹介します。

ミックジャガーのようにエキサイティングなジジイになるために、数年前から続けている事を紹介します。
・毎朝、おろし生姜と沖縄黒糖の紅茶を飲む。
・毎日懸垂する。
・ほぼ毎日、近くの温泉に行く。
・貯金しない。
チェリオ
https://www.facebook.com/1289544872/videos/7093082797464143/
https://www.facebook.com/1289544872/videos/493078633054491/
https://www.facebook.com/1289544872/videos/1494237751506710/

今日は地元集落の常会に出席して、引っ越しの報告と今までお世話になったお礼の挨拶をしました。

今日は地元集落の常会に出席して、引っ越しの報告と今までお世話になったお礼の挨拶をしました。
 実は、僕らの自宅が、国道の拡張整備のために立ち退きになる予定で、もうすぐ僕らの家がなくなってしまうのです。
 思えば2011年11月に、東京から芸北に移住して、家族みんなで慣れない豪雪地帯の田舎町での生活がスタートしました。
 子供たちは東京の小学校から、クラスが数人しかいない地元の小学校に転校することになり、幼馴染の友達と離れ離れになって、とても悲しませてしまいました。ミチも豪雪の地帯の古民家暮らしで、低体温症になったり、米作りや野菜作り、そして何より初めてのカフェ経営など、東京ではやったことがないことばかりで苦労したと思います。
子供達も巣立ちましたし、祖母や母の介護も一通り軌道に乗りそうなので、今後は、完全に好きな仕事だけを、いたい場所に行って、全力で集中していく予定です。
具体的には、ぞうさんペーパー事業はずっとやりますし、ぞうさん出版とぞうさんカフェ、そしてウンセカの続編が完成したタイミングで最後の冒険起業を展開する予定で、その関係でロサンゼルスに数ヶ月行ってきます。執筆と講演もマイペースで続けます。
ということで、これからゆっくりと芸北周辺で新しい家を探す予定で、空き家の古民家を見つけて、自分でリノベするか、景色のいい土地を手に入れて、コンテナハウスかトレーラーハウスなんかにしようかと思案中です。
高冷地の芸北は夏が涼しくて過ごしやすいけど、冬は爆サブなので、季節に応じて暖かい江田島とのデュアルライフをしていきたいと思っています。
413825_2708875442976_600566491_o
614562_3719683512546_1954002517_o
be10f906
地元衆に酒を注いで回るミチ
https://www.facebook.com/1289544872/videos/301956572943703/

午前中に浜田の海沿いを探索

午前中に浜田の海沿いを探索してたら、感じのいいカフェを発見。
ついでに国民宿舎で風呂に入って来た。展望風呂は貸し切り状態。
これから芸北オフィスで夜までずっとデスクワークの予定。
439646552_18424258150060064_171954319316706077_n
440100762_18424258177060064_8234062800929835109_n
440201279_18424258198060064_7904725248397969899_n
440223610_18424258207060064_3539438214412134897_n
440337694_18424258186060064_3474718393958283716_n
440338143_18424258168060064_7847447609327376265_n
440346150_18424258159060064_6140538564927160474_n

今日、53歳に突入した。

今日、53歳に突入した。
「俺の誕生日だから何か食べに行こうぜ」「いいよ」、ということになり、どこで何を食べるかちょっと考えたが、またしても浜田の無口な焼き鳥屋に二人で行くことになった。
事務所を出て30分程運転して、無口な焼き鳥店に到着、店内に入ると、やはり無口な夫婦が忙しそうに焼き鳥を焼いていた。
すぐにメニューに目をやり、適当にオーダーした後、15分ほどして、まず最初に「ささみワサビ」という焼き鳥が2本出てきた。見るとささみ肉の上にボテっとワサビが多めに乗っている。「こんなに大量のワサビを一口で食べたら、いったいどうなっちまうのか...」と心配したが、たぶんそんなにキツくないマイルドなタイプのワサビだろうと思い、パクッと口に入れると、すぐに凄まじい刺激が鼻、喉、そして胸へと襲いかかってきた。思いっきり活きのいいワサビだった。
ミチはすぐに食べるのを諦めた様子で、不安そうな表情だ。
「いったいどうして....」
店主に目をやると、黙々と焼き鳥を転がしている。
「俺を試しているのか?」
僕は頭が混乱してきたが、だからといって一口だけ食べて泣きべそになり、残りの肉には手をつけないというのは男の美学に反する為、僕はゆっくりだが無表情で全てのささみワサビを食した。涙が出た。
呆然としているうちに、すぐに他のメニューもどんどん運ばれてきたので、気を取り直して砂肝やつくねなどの他の焼き鳥を食してみると、出てくるもの全てが素晴らしく美味しかった。香ばしく塩が効いていて、やたら美味そうな匂いで、噛むと火傷するくらい汁が出るタイプもあった。なんだかいきなりビンタを張られた直後にキッスされたような気分になったが、美味しいものは危険なんだねとはじめて理解した。
それにしても最初のワサビは何かの間違いだったのかな?とも思ったが、結局2人で40本くらいの様々な焼き鳥を食べきった。最終的には心から大満足していた。この店、たぶんまた食べに行くと思う。
ということで、53歳の1年間も頑張ってチャレンジするぞ。
皆様よろしくお願いします!
チェリオ
438868544_10226391701200746_2485087659169920005_n

2月のホテルグランヴィアでの講演でお世話になった広島商工会議所の経営者の皆様と一緒に、春の芸北で語り合いました。

2月のホテルグランヴィアでの講演でお世話になった広島商工会議所の経営者の皆様と一緒に、春の芸北で語り合いました。
今度は泊まりでぜひ!
438865434_10226400778627676_2539736307060419525_n
438948680_10226400777947659_2433040800912897149_n
438994075_10226400838589175_5314448955963380679_n
439018224_10226400777707653_7972081590824159830_n
439421755_10226400778587675_4247621280415408265_n
438979774_10226400777907658_4462206184048491483_n

朝9時から広島市内で役所業務を終えて、お昼前に鷹野橋へ。

朝9時から広島市内で役所業務を終えて、お昼前に鷹野橋へ。
最初に、友達の名井珈琲へ行って、美味しいコーヒーをご馳走してもらい、その後いつもの焼肉大学へ。今月はミチと僕が誕生日ということで、ランチをご馳走してもらいました。
現在、自宅の建物が道路拡張の公共事業のために立ち退きになるので、その雑務で毎日忙しいです。自宅を平地にするだけでなく、測量や、家の中の家財道具や思い出の品々の運び出しをはじめ、土地や山の名義変更、お墓の移転、免許やカードなどのいろいろ住所変更などなど、やる事が山です。
チェリオ
438242751_10226382028438933_4951820665962545327_n
439319583_10226382029678964_8168377879940168674_n

今日から3日間、福岡と山口に出張で、今、博多のホテルです。

今日から3日間、福岡と山口に出張で、今、博多のホテルです。
初日は北九州市で、ロサンゼルス在住の著者さんと嬉しい初対面を果たしました。お忍びで帰国中なので写真は無しですが、本の完成は秋くらいになる予定で、グローバルで夢のある痛快な本になりそうです。
 そして15時頃から、糸島市の映画配給会社ユナイテッドピープル社にお邪魔してました。オフィスは目の前が思いっきり海で、ちなみに僕も冬季トロピカルプランの為に江田島でオフィスを探したときは、窓からルアーを飛べしておかずを釣ることができそうな物件をイメージしていたので、とても羨ましいオフィス環境だと思いました。
12年くらい前ですが、偶然僕と同じ時期に、社長の関根さんも首都圏から地方の田舎に拠点を移されたそうです。現在はたくさんの素晴らしい社会派ドキュメンタリー映画を世界中から買い付けて、国際社会の問題解決を目指すべく、国内のあちこちに作品を配給されています。僕も広島に戻ったら早速ネットで作品を観てみようと思ってます。帰り際に、オフィスの目の前の海で採れた、たくさんの新鮮なワカメをお土産にいただきました。
 明日は博多のホテルで一日中ずっと一人でのんびり本作りしてます。明後日は八女市、そして山口県で新刊の打ち合わせなど。
週末13日土曜日は、待ちに待ったオープンマイク@芸北ぞうさんカフェ!
チェリオ
434865483_10226342995503134_3820056326732630583_n
434836707_10226342991383031_1700052482766601353_n
434671960_10226342990943020_5988214645280850338_n
ワイルドファンキーストア
wfsバナー

世界で最もファンキーな
オンラインショップです。
最近のコメント
アーカイブ
プロフィール
植田紘栄志


植田紘栄志(うえだひさし)
株式会社ミチコーポレーション
代表取締役社長
ぞうさん出版
出版プロデューサー
芸北ぞうさんカフェ
オーナー
第一ぞうさん丸・船長

ゾウのウンチをリサイクルした紙「ぞうさんペーパー」などを、スリランカで作っています。全国の動物園などで好評販売中。

そのほかにも、いろいろファンキーな商品の開発、海外出張レポート、会社経営についてなど、自分ではマメに書いてると思います。

2011年から本社を広島に移転し、北広島町の田舎町で田舎暮らしを家族と共にしてます。

※このブログは、ビジネスブログや社長ブログというより、個人的な位置づけのブログです。あしからず。

Twitterはこちら
Facebook はこちら
Instagram はこちら
YouTube チャンネルはこちら
著書
51lk332hpzL._SX333_BO1,204,203,200_

冒険起業家 ゾウのウンチが世界を変える。(ぞうさん出版)
リクルート
(株)ミチコーポレーションは
スタッフを募集しています。

あなたが思い描いた商品
やアイデアを世に出して、
世界を変えていこう!

商品開発&営業
ウェブ製作
広告、ロゴ、包装デザイン
等、クリエイティブな仕事
をしてくださる人を募集
しています。
英会話得意な人歓迎
(海外出張あり)

詳しくは当社ウェブから
アクセスしてください。
QRコード
QRコード
タグクラウド
記事検索
  • ライブドアブログ